• ネズミ駆除をする必勝法

    建物でネズミが走り回る音が聞こえたときには、できるだけ早めに駆除をしておいた方がいいでしょう。



    ネズミは、放っておくと人間の害になる可能性が高いからです。例えば、天井裏に住んでいる場合には、天井裏で糞やおしっこをしている可能性が高いです。そのまま放置をしておけばかなりにおいが出てきます。
    それだけではありません。

    毎日新聞に有益な情報の紹介です。

    害虫なども発生しやすく、人間の体に害が及ぼされてしまいます。
    駆除をしようとする場合、やみくもに駆除用の餌をおいたとしても、簡単に駆除できるわけではありません。


    なぜなら、ネズミは警戒心が強い動物だからです。


    ネズミの通り道に餌を食とよいと言われますが、実際には今までなかったものが急に現れたらネズミの方も警戒してしまいます。

    一度警戒するとしばらくは餌に飛びつくことはありません。
    一度えさをいたならば、しばらく様子を見る必要があります。
    少なくとも1週間近くは毎日様子を見るようにしましょう。

    いくら警戒心が強いとはいえ、1週間近くえさがおいていれば食べる可能性もあるからです。

    ですが、1週間経過してもえさを食べた様子がなければ、その餌は撤去した方がよいです。



    違う場所に餌をき、再び食べるかどうかを観察する必要があります。


    天井裏に餌をおく場合は、食べない可能性が高いですので、固定型のものではなく巣に持ち帰りができるような小さいものを用意しておくとよいです。


    ねずみは食事をする場所と運動をする場所を別々に考えています。
    そのため、天井裏が運動する場所であれば、巣に持ち帰りができるものが有効になります。